骨密度検査と検査設備

  • HOME>
  • 骨密度検査と検査設備

骨密度検査と検査設備

リスクの高い部位の骨密度を正確に測ります

リスクの高い部位の骨密度を正確に測ります

骨密度を測定する機器はいくつか種類があり、手の骨やかかとの骨の骨密度を測定する簡易的な検査機器もありますが、当院では日本骨粗鬆症学会のガイドラインで推奨されているDEXA(デキサ)法という優れた検査方法で骨密度を測定しています。
このDEXA法では、お腹から腰の範囲に微量なX線を当てることで、骨折しやすい腰の骨(腰椎)や股関節の骨(大腿骨頸部)の正確な骨密度を直接測定できます。
検査は数分で終わり、事前の準備も必要なく、痛みなどもまったくない検査ですから、気軽に受けていただけます。検査費用にはもちろん、健康保険が適用されます。